審査の対象とは

日本の国家は基本的には司法、立法、行政の三権分立のシステムでそれぞれがそれぞれの権利を支配する事が許されないシステムになっており、立法のトップは国会で行政のトップは各省庁及び内閣そして司法のトップは最高裁判所をトップとする各裁判所が行っていますが、特に司法は法律に基づいた判断を求められる為立法や行政に対して幾つかの特殊な権利を与えられています。

その中の一つに違憲審査制と言う制度が有りこの制度は立法機関のトップである国会が定めた法律や、各市町村議会や都道府県議会が制定した条例が憲法の範囲で定められている法律または条令であるかを審査する制度でもし憲法に反する法律や条令である場合はもう一度立法機関に審議を求めたり、修正を求める事が出来ます。???? Vol.107 ?????????????

最近でこの制度が使われた例では俗に言う一票の格差の問題で、この格差は憲法の基本である国民の平等のいう観点から考えると明らかに反していますので、最高裁から格差の調整を求められていますが実際の所国会は調整が進んでいないのが現状とも言えるでしょう。

本来であればその状態の選挙で選ばれた議員で作られた法律は基本的には無効になる訳ですが、それを行うと国が混乱していますので司法としてもなかなか難しい立場にあるのも事実です。

コメントは受け付けていません。