分類を知ろう

違憲審査制には付随的違憲審査制と抽象的違憲審査制があります。付随的違憲審査制は通常の司法裁判所が刑事裁判などの具体的な訴訟の中で原則としてその訴訟の解決に必要な限りにおいて法令等の憲法適合性を審査する制度です。

すなわち、ある具体的な法的紛争があり、その紛争に適用される法令等の憲法適合性が問題となり、それを判断しなければ当該紛争を解決できない場合に、問題となる法令等の憲法適合性を審査する制度です。

これは抽象的違憲審査制に対する概念で、具体的違憲審査制とも呼ばれています。アメリカ、カナダ、日本等で採用されています。???? Vol.107 ?????????????

抽象的違憲審査制は裁判所などが刑事訴訟等の具体的な訴訟事件とかかわりなく違憲審査を行うことです。

即ち、具体的な法的紛争の解決の為でなく、ある法令等の憲法適合性それ自体を判断するために当該法令等の合憲性を一般的に判断することです。

付随的違憲審査制に対する概念で独立的違憲審査とも呼ばれています。主に憲法裁判所によって行われていますが、憲法裁判所を持たないカナダでも一定の審査が実施されています。

日本での通説は典型的な審査を許されないと解釈して判例も現行制度上否定するものと判断しています。

コメントは受け付けていません。