裁判所の権利、違憲審査制について

裁判所の権限の一つとして違憲審査制が挙げられます。

違憲審査制とは、法令を適用した時の判断内容やや具体的な事件の状況などで
それらの状況が憲法の規定に反しているのかどうかということを審査するのであります。

違憲審査制は、最高裁判所だけではなくその他の各裁判所が独自でもっており、
どの裁判所でも違憲審査を行うことは可能であります。
飛行機03
ただし、違憲審査制は抽象的な法令の違憲性を判断できるものではなく
具体的な事件があった時で、違憲であるかどうかという判断が必要な限度でしか
判断されないという制約があります。

これは、憲法が三権分立によって統制を取ろうとすることを前提としていることにより、
あまりに大きな権限を裁判所に与えてしまうと、立法府や行政府の判断を
制約しすぎてしまいかねないという懸念があるため、一定の制約が課されているのであります。

また、具体的な事件であっても、出来る限り法令について憲法判断を避ける要請から
法令違憲という判断を下さなくてもその事例について法令の適用の仕方が間違っていると判断される時には
適用違憲という形で判断されます。

また、違憲判断をされた法令については、違憲判決が出た時点でその法令そのものの効力がなくなるのではなく
あくまで審理された具体的事件について無効というだけであって、法令の廃止は立法府の判断にゆだねられるものとなります。

このようなものが違憲審査制の内容となります。